豪雨災害問題での交渉

中国ブロックで、豪雨災害問題で、交渉しました。もちろん、仁比そうへい参議院議員、石村とも子さんも、一緒です。

この間、山口、島根、鳥取と、災害続き。

安部政権は、国土強靭化、減災防災というけど、災害がおきたときの対応をどう考えているのか?

安部首相の地元、山口県では、家が全壊して、建て直す展望がもてない人がいる。

オリンピックどころではない。

各地の要望に対し、今ある制度での対応はあるけれど、それが十分かといえばそうではない。

国が支援はするけど、地元自治体や、住民負担が必ずある。それが、実際の復興を妨げている。この壁を突破しないといけません。

こうしたなかではありますが、いくつか、わかったこと、前進面も。

鳥取の関係では、農林関係は、国の災害復旧事業にのるものは、農家負担を県が支援できないかのようにきいていましたが、そんな制限はないとのこと。

また、大山町坊領の橋の復旧までにつけるレンタルの橋は、国の支援制度が使えること。などなどです。

被害自治体や、県にも伝え、一歩でも、二歩でも、前進させたいと思いました。