「総会」

2015年6月8日 市谷 とも子

昨日は、2つの総会があり、参加させていただきました。

一つは、鳥取県腎友会定期総会です。

先日国会で通過した、医療制度改悪案への憤りが書かれています。

保険外診療の混合診療に道を開く患者届け出制度導入、入院給食費の値上げなど、命に直結する問題です。

私は命を粗末にする国の政治、る戦争法案阻止と、国保料引き下げ、鳥取県特別医療費助成制度の拡充、通院費助成など、皆さんと一緒にたたかう決意の一端を述べさせていただきました。

午後からは、保育を考える会の総会に参加し、皆さんと意見交換しました。

子育て新制度がスタート、現場は大変な状況であることが報告されました。

これまで統一だった保育時間が、労働者の勤務時間によって、短時間保育と、標準時間保育に分けられ、それを超えた時間は延長保育料がとられます。

その時間管理のための書類作成も大変。

加えて、特に短時間保育の子どもの場合、親が迎えにいつ来たのか、いつ連れて帰ったのが、タイムカードが設置されたり、入出管理のセンサーが設置されたり。

子どもを迎えに言ったときに、保育士からゆっくり子どもの一日の様子を聞く時間すらありません。

延長保育料を徴収されないよう、保護者は子どもを1分でも早く引き上げようとする。保育士も早く保護者に手渡そうとする。

もう、これは「子ども」ではなく、「モノ」扱いです。

本当に、驚愕の事実です。

こんな、悲しい制度にしてしまった、子ども子育て新制度。しっかりと現場がどうなっているか、チェックが必要。

そして、子どもたちがゆっくりと保育できる環境をつくるべく、制度を修正させていかなければならないと思いました。

こんな新制度で、安倍政権は、地方創生なんて言えますか? 人口減少を食い止めるなんて言えますか?

(2)

コメントをお寄せください

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">